knife *acoustic groove*の銀は、全てに国産の地金を用いています。銀はそのままでは柔らか過ぎるので、92.5%の銀に対し、7.5%の銅を混ぜています。銀は重量があればある程に「ス(内包する気泡の跡)」が出やすく、これは銀の表面にアザの様に残ります。世の中的には表面にロジウム等のメッキをかけて整えますが、これでは銀本来の豊かな表情を失ってしまいます。

knife *acoustic groove*では、基本的に銀の表面にメッキをかける様な事はしません。熟練達は「ス」が出ない様に常に心掛け、それでも出てしまったら潰します。潰して溶かした銀から不純物を取り除く為には、再度精製をする必要があります。コスト的には高くつきますが、これはやるべき事です。なので、アジアの地金の様に7.5%部分に雑多な金属を含む事はありません。銀に若干の銅を加えている訳ですから、銀色に少しの銅色が加わり、とても柔らかであたたかな銀色になります。

前置きが長くなりましたが、knife *acoustic groove*ではこの様に、生ものの様な銀を用いています。皮脂や付着した空気中の硫黄成分(排気ガス等による)を石鹸で日々洗い流して頂くだけで、その輝きを失う事はありません。欧州の銀食器と同じ組成の銀素材を使用している訳ですから、その寿命は数百年とも考えられ、人の命よりも長いものです。

万が一表面を黒く変質させてしまっても、諦めないで下さい。それはそれでアンティーク感が素敵とも思いますが、輝きを取り戻す為には「シルバークリーンキット/Z1001-003000」をお勧めします。硫酸を使わないマイルドな酸性の洗浄液と、柔らかな綿100%の布に超微粒子の研磨剤を染込ませたクロスをセットにしています。
この洗浄液は銀の表面を溶かして奇麗にするのではなく、汚れを浮かして除去するという考え方のものです。マイルドな液体であるにも関わらず、ほんの数秒で効果を示します。ターコイズやパールや花材等は変質を招きますので、この洗浄液を付着させない様に気をつけて下さい。
そしてクロスに含まれる研磨剤は、元々の手磨きで使われるレベルのものです。拭くと直ぐにクロスが黒くなりますが、これは銀がミクロン単位で削れて付着するものです。クロス本体に保護材も浸み込ませてあるので、拭くだけでその後の汚れをはじく事が出来ます。

自分でも様々なクリーンキットを試して来ましたが、銀食器の歴史が古いこのオランダ製のものが1番優れています。詳しい使用方法や注意書きも同封してありますので、十分に読んでからお使い下さい。

knife *acoustic groove*
シルバークリーンキット
http://k-a-g.shop-pro.jp/?pid=82952604

15111803.jpg
 
2015.11.18 Top↑
百貨店やファッションビルにいくつかの直営店があった頃、knife *acoustic groove*の全てにギャランティーカードを発行していました。いつしか、それもやめました。アイテムを見さえすれば、うちのアイテムかどうか判るからです。アイテムを見さえすれば、どれだけ愛されていたかも判ります。ギャランティーカードがあってもなくても、それがうちのアイテムならば、熟練の手で永遠にメンテナンスを続けさせて頂く事は当たり前の事です。

不慮の出来事で破損してしまい、修理を必要とする場合があります。本日(9/17)より、修理を要する際の「銀溶接代金」を全て「無料」とさせて頂きました。たぶん、殆どの修理がカバー出来るのではないかと考えています。例えば銀の場合、使用する国産地金は欧州の銀食器と同じ素材なので、200年だろうが300年だろうが人間よりも寿命は長いのです。もし何かあれば、遠慮なく。遠方にお住まいの皆様は、WEBストアの「お問い合わせ」よりお申し付け下さい。knife *acoustic groove*の様々なアイテムに思いを込めて、これからも大切に使い続けて頂きたいと願っています。

その他メンテナンス情報は、下記URLにてご覧下さい。
http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/blog-category-2.html
画像の一生もの SuperFLY羽根の18金ネックレス は、こちらから。
http://k-a-g.shop-pro.jp/?pid=83020631

15091702.jpg
 
2015.09.17 Top↑
knife *acoustic groove* のブレスレットには、数本のステンレス鋼を編み込んだロープの表面にナイロンコーティングを施したワイヤー/0.38mmを用いています。考えられる中で、最も頑強な作りになっています。しかしこのステンレス鋼ロープも、経年と共に劣化をします。錆びにくい金属であったとしても、日々の水分や湿気には弱いのです。伸びや茶色い変色が確認出来たなら、ステンレス鋼ロープの交換をお勧めします。既に切れてしまっているものを修復される際は、必ず元のサイズ(S16cm〜M18cm〜L20cm)もお教え下さい。石等の部材が足りなくなっている場合には、担当より別途お見積もりさせて頂きます。公式ページ右上の「お問合せ」からも承ります。十分に蘇りますので、是非。

▶ステンレス鋼ロープの交換 税抜¥2,000
▶部材の不足 別途お見積もり
▶knife *acoustic groove* http://k-a-g.com
15020601.jpg

15020602.jpg

15020603.jpg

15020604.jpg
 
2015.02.06 Top↑