knife *acoustic groove*では、全てに不純物の混ざらない国産の銀や金を用いています。国産の銀であったとしても、空気中の硫黄成分や皮脂等による汚れにより、表面が黒く変色する場合があります。これは、表面のほんの何ミクロンかの問題です。この場合、シルバークリーンキットの使用をお勧めします。大容量の洗浄液ボトル(アメリカ製)と、銀の表面保護剤を染み込ませたクロス(ドイツ製)のセットです。双方、年単位で長くお使い頂けます。

仮に銀のアクセサリーが真っ黒になっていたとしても、この洗浄液にたった1〜2秒浸すだけで、新品の輝きを取り戻せます。全く硫酸を使わない、マイルドな酸性の洗浄液。銀の表面を溶かすのではなく汚れ部分を浮き上がらせる事で、大切なアクセサリーを一瞬で蘇らせます。そのまま水で洗い流し軽く水気を切り、セットのクロスで拭くだけで表面を汚れから保護出来ます。クロスには超微粒子の研磨剤も染み込ませているので、小さなキズなら簡単に除去出来ます。自分でもシルバークリーンキットを長年愛用していますが、これは世界最強です。

直径9cmの大きな洗浄液ボトルは、液漏れ防止の為にシールドパックされています。このビニールを剥がしてお使い頂くか、カッターナイフ等で内側を縁に沿って丸く切ってお使い下さいね。

シルバークリーンキット
http://k-a-g.net/?pid=106126897

17092231.jpg

17092232.jpg

17092233.jpg
 
2017.09.22 Top↑
knife *acoustic groove*な本人、お手入れ後。シルバークリーンキットのボトルが直径9cmの大容量になり、そのままドボンと1秒間。これだけ高温多湿な日々であれば、銀製品のメンテナンスは必要です。

シルバークリーンキット
http://k-a-g.net/?pid=106126897

17072811.jpg
 
2017.07.28 Top↑
いつもknife *acoustic groove*をご愛用頂き、ありがとうございます。本格的な夏がやって来て、アクセサリーの汚れが気になっている方もいらっしゃると思います。

knife *acoustic groove*では、全てに不純物の混ざらない国産の銀や金を用いています。銀はそのままでは柔らか過ぎるので、92.5%の銀に対し7.5%の銅を混ぜています。銀はアクセサリーの重量があればある程に「ス(内包する気泡の跡)」が出やすく、これは銀の表面に薄茶色くアザの様に残ります。世間的には表面にロジウム等のメッキをかけて誤魔化しますが、うちでは、最初からやり直しです。ロジウムをかけてしまっては、銀本来の豊かな表情が失われてしまいます。

国産の銀であったとしても、空気中の硫黄成分や皮脂等による汚れにより、表面が黒く変色する場合があります。これは、表面のほんの何ミクロンかの問題です。この場合、シルバークリーンキットの使用をお勧めします。大容量の洗浄液ボトル(アメリカ製)と、銀の表面保護剤を染み込ませたクロス(ドイツ製)のセットです。双方、年単位で長くお使い頂けます。

仮に銀のアクセサリーが真っ黒になっていたとしても、この洗浄液にたった1〜2秒浸すだけで、新品の輝きを取り戻せます。全く硫酸を使わない、マイルドな酸性の洗浄液。銀の表面を溶かすのではなく汚れ部分を浮き上がらせる事で、大切なアクセサリーを一瞬で蘇らせます。そのまま水で洗い流し軽く水気を切り、セットのクロスで拭くだけで表面を汚れから保護出来ます。クロスには超微粒子の研磨剤も染み込ませているので、小さなキズなら簡単に除去出来ます。

自分でもシルバークリーンキットを長年愛用していますが、これは世界最強と思っています。例えば銀食器は、欧米では300年も500年も使われるものです。元々は銀食器のメンテナンスツールを製造する欧米の工場で、このクリーンキットは作られています。銀食器の様に銀アクセサリーを日々洗っていれば黒くなりませんが、油断して黒くしてしまった場合には、このシルバークリーンキットを使ってみてください。肉体が滅んだとしても銀のアクセサリーは何百年も受け継がれる、そんなもので有りたい。本気で、そう思っています。

シルバークリーンキット
http://k-a-g.net/?pid=106126897

17071211.jpg

17071212.jpg

17071213.jpg

17071214.jpg
 
2017.07.12 Top↑
knife *acoustic groove* のブレスレットには、数本のステンレス鋼を編み込んだロープの表面にナイロンコーティングを施したワイヤー/0.38mmを用いています。考えられる中で、最も頑強な作りになっています。しかしこのステンレス鋼ロープも、経年と共に劣化をします。錆びにくい金属であったとしても、日々の水分や湿気には弱いのです。伸びや茶色い変色が確認出来たなら、ステンレス鋼ロープの交換をお勧めします。既に切れてしまっているものを修復される際は、必ず元のサイズ(S16cm〜M18cm〜L20cm)もお教え下さい。石等の部材が足りなくなっている場合には、担当より別途お見積もりさせて頂きます。公式ページ右上の「お問合せ」からも承ります。十分に蘇りますので、是非。

▶ステンレス鋼ロープの交換 税抜¥2,000
▶部材の不足 別途お見積もり
▶knife *acoustic groove* http://k-a-g.com

15020603.jpg

15020601.jpg

15020602.jpg

15020604.jpg
 
2015.02.06 Top↑