FC2ブログ
代官山、冬は椿。
http://k-a-g.net

16112011.jpg
 
2016.11.20 Top↑
ターコイズの羽根の確保が不安定だったので代官山サロン限定アイテムとしていましたが、knife *acoustic groove*の天然石の羽根のペンダント(代官山サロン別注/ターコイズ)の販売を、代官山WEBストアでも始めました。やはり、そこにはターコイズブルーがないと。ペンダントヘッドもピアスも、とても美しい発色になっています。ターコイズモデルも数量限定製作となっておりますので、ピンと来た方はお早めに。

鳥の様に自由に、この空を飛びたい。ターコイズは、空の石。

天然石の羽根のペンダント(代官山サロン別注/ターコイズ) ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=110043548
天然石の羽根のピアス(代官山サロン別注/ターコイズ) ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=110043558

16111902.jpg

16111903.jpg
 
2016.11.19 Top↑
knife *acoustic groove*代官山サロン、オニキスの羽根のペンダント。鳥の様に自由に、この空を飛びたい。今日もありがとうございます、また明日。

天然石の羽根のペンダント(オニキス) ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=109733052

16111891.jpg

16111892.jpg
 
2016.11.18 Top↑
knife *acoustic groove*な人達、マッコウクジラの1本歯の芯だけを使った削り出し。双方が共鳴して凄まじい「気」を放つ、判る人と判らない人がいると思うけど。いつもずっと、ありがとうございます。縁(えにし)。

マッコウクジラのペンダントヘッドC(1本歯削り出し)
http://k-a-g.net/?pid=109857847


16111895.jpg
 
2016.11.18 Top↑
日々「今日も代官山サロンでははちみつジンジャーティーです」などと申しておりますが、残念ながらknife *acoustic groove*をご愛用頂いている全ての LOVE & PEACE な皆さんと代官山サロンでお会い出来る訳ではありません。それぞれの町に、それぞれの空の下で繋がってくれている方々が沢山います。発言の度に、どうしたものかと思い続けて来ました。WEB担当某と話していたところ、「それなら一緒に送ればいいじゃないですか」と。単に、それだけのことでありました。

今日から11月27日(日)までの期間、knife *acoustic groove*代官山WEBストアをご利用頂いた皆さん全員に、ジンジャー&レモンハーブティー(POMPADOUR/ドイツ製)1箱(ティーバッグ10袋)を差し上げる事にしました。そんなに珍しいものではありませんが、スパイシーな生姜51%に爽やかなレモングラスとレモンをブレンドした、無香料で無着色のノンカフェインハーブティーです。大きめのマグカップにスプーン1杯の蜂蜜(用意してね)を加えて頂くと、いつもの「はちみつジンジャーティー」が出来上がります。

是非、「はちみつジンジャーティー」を試してみて下さい。いつも繋がっていてくれて、ありがとうございます。ほっこりを届けます。

knife *acoustic groove* 代官山 WEBストア
http://k-a-g.net

16111805.jpg
 
2016.11.18 Top↑
knife *acoustic groove*、代官山サロン。引き続き、はちみつジンジャーティーです。ほっこり、温まりましょう。

http://k-a-g.net

16111801.jpg
 
2016.11.18 Top↑
knife *acoustic groove*より、マッコウクジラのペンダントヘッドC(1本歯削り出し)をリリースしました。

その大きさが故にマッコウクジラの1本歯から削り出した、存在感のある大きなペンダントヘッドです。マッコウの歯は薄茶色の芯と白黄色の表層で構成されていて、その芯の部分だけで製作しています。そもそもマッコウの1本歯自体が簡単に手に入るものではありませんが、更に希少な芯の部分だけを使用するという大技に出ました。マッコウクジラのペンダントヘッドCは、従来のA、Bの3倍(体積で)もの大きさになりました。

全てのマッコウクジラの取引は、ワシントン条約で禁止されています。このアイテムに使用しているマッコウのボーンは、長崎県の港町で先祖代々受け継がれてきたストックから供給されています。このペンダントヘッドを製作する事で、1頭のクジラも死んでいません。皆さんから寄せられたエネルギーは、鯨骨職人某に循環させています。

マッコウクジラのボーンは簡単に受け継がれて来たのではなく、そこには縁(えにし)が静かに積み重なっています。このボーンの表面に浮かぶ美しい年輪にも、それは現われています。マッコウが真っ暗な深海2,000メートルで刻み続けた時間、マッコウと人間との様々な歴史。このペンダントヘッドを首から下げるには、それなりの覚悟が必要なのだろうと思います。そこに魂が宿るのなら、とても穏やかな時間がやって来ます。マッコウは、神の使いである。

マッコウクジラのペンダントヘッドC(1本歯削り出し) ★期間限定受注製作品 ~1月9日(月)まで
http://k-a-g.net/?pid=109857847

16111701.jpg

16111702.jpg

16111703.jpg

16111704.jpg
 
2016.11.17 Top↑