FC2ブログ
SuperFLY#1、ターコイズ原石モデル。高級で豊かな発色のグリーンターコイズが、本当にでかいです。鳥の様に自由に、この大空を飛んで下さい。今日もありがとうございます、また明日。

SuperFLY#1(ターコイズ原石) ペンダント ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=125605655

17112781.jpg

17112782.jpg

17112783.jpg

17112784.jpg
 
2017.11.27 Top↑
knife *acoustic groove*代官山サロンには、様々なお電話を頂きます。「このヘッドにはどのチェーンが合いますか?」とか、「プレゼントなのですが在庫はありますか?」とか。ご不明な点があれば、何でもお尋ね下さいね。怖くないので、たぶん。

とっくに完売してしまったマッコウクジラのボーンのヘッドについて、ある日の「ダイバーをしているのですが、マッコウクジラのボーンのヘッドが必要なんです。目に見えない海流にいつ流されてしまうかも判らず、光の届かない海底で作業をする事もあるんです。本当に、命がけなんです」の電話には、心が大きく揺れました。

マッコウクジラは生涯の3分の2を深海で過ごし、2,000mは簡単に潜ります。家族同士の会話には、音を利用していると言われます。今では、ワシントン条約で全てのマッコウクジラの取引が禁止されています。下顎の骨はとても堅く美しく、今では象牙よりも高価なものです。古来、浜に打ち上げられたマッコウクジラは、神からの贈り物として大切にされて来ました。クジラの大きさと知性から、マッコウクジラの骨は母と子の家族愛の象徴とされて来ました。色はクリーム色(金色)で、その堅さから出る自然のツヤがあります。

knife *acoustic groove*で製作したマッコウのボーンのヘッドは、昔は捕鯨が盛んであったろう長崎県平戸市の鯨骨職人某が1本1本を削り出しました。先祖代々大切にされて来た鯨骨のストックを用い、製作されました。なので、この製作に際し1頭のマッコウクジラも死んでいません。ただ鯨骨なのではなく、「どこで手にいれたのか?骨密度が詰まっていて素晴らしいマッコウだ」とハワイ先住民のシャーマンを唸らせたクオリティーの鯨骨です。その鯨骨のパーツを東京の熟練職人にバトンタッチし、国産銀を用いて組み立てました。

ご多聞にもれず、高齢化による鯨骨職人の廃業に歯止めがききません。この国のもの作りは、本当に大丈夫なのだろうかと思います。そんな中、「これで終わりにする」と言っていた70歳を超える鯨骨職人某に、再び長い長い電話をかけました。何も変わらない、陽気な笑い声でした。もう1度だけ、マッコウクジラのボーンのペンダントヘッドを作る事にしました。明日11月28日(火)の正午までに、再リリースをします。これで最後になるかもしれません、お見逃しなく。やさしくなれる、とても穏やかな時間がやって来る。マッコウは、神の使いである。

画像は、マッコウクジラと長崎県平戸市の海と空(PHOTO BY 伊福聖子)です。

knife *acoustic groove*代官山WEBストア
http://k-a-g.net

17112791.jpg

17112792.jpg

17112793.jpg
 
2017.11.27 Top↑
knife *acoustic groove*代官山サロン、カラーパネルのストール、そのタータンチェック。色だけでなく素材までも切り替え、そのコントラストが楽しい大判のマフラーです。ホワイトの本体は、汚れがつきにくく柔らかで気持ち良いウール素材。タータンチェックのフリンジは、わざわざ繊維をほぐし、昔ながらの手作業で三つ編みにしています。ここまでやるか?とも思いますが、やるのです。誰もやろうとしないので、うちがやりました。寒い冬を、素敵に暖く過ごさなきゃ。

カラーパネルのストール(タータンチェック) ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=125485850
カラーパネルのストール(タータンチェック)+銀の羽根のストールピンお得セット ☆数量限定品
http://k-a-g.net/?pid=125485918

17112701.jpg

17112702.jpg

17112703.jpg

17112704.jpg
 
2017.11.27 Top↑