knife *acoustic groove* で NO WAR スカルリング を製作するのは、2003年のイラク戦争以来です。ボクの NO WAR スカルリング も、もう12年ものとなりました。何故、経年によりこれがボロっちくならないのか?

製作時に手間を惜しまず手仕事で鏡面仕上げを施しておくと、「モノの魂」は失われません。何年経っても、失われる事はありません。全く地味な作業ではあるけれど、そんな事を大切に考えているのです。上っ面ばかりで火薬臭い、こんな世界であったとしても。

knife *acoustic groove* NO WAR スカルリング
http://k-a-g.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1846767&csid=0

15022501.jpg

15022502.jpg

15022503.jpg
 
2015.02.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/1794-3a5b49f1