究極のロングウォレットの受付も、あと10日あまりとなりました。既にお申し込みを頂いている皆さま、ありがとうございます。

極上のベジタブルタンニン鞣しのヌメ革を用い、ロングウォレット1型に全てのエネルギーを集中させました。有害な薬品は使わずタンニンを多く含む樹皮から抽出したエキスだけを使い、昔ながらの方法でじっくりと鞣しました。何度か水洗いの工程も入りますが、全て軒先での自然乾燥を行いました。ドラフターで強制的に乾燥させた方が楽なのですが、それでは「生きた革」にはなりません。

型紙作りからして、相当の時間を費やしました。精度が悪いと出来に大きく影響するので、1mmの誤差もなく作りました。革のパーツとなる1枚1枚の型紙を、強度や機能性も考えながら作りました。経験による微妙な力加減で、ゆっくり時間をかけながら縫製しました。革本来の優れた風合いや色艶はもちろんの事、その耐久性や機能性も素晴らしいものです。

ユニセックスで、もう他には何もいらないはずです。1月31日(日)までの、期間限定受注製作にて承ります。長くお使い頂ける本物とは、こういう事です。

knife *acoustic groove* 代官山 LEATHER / BAG
http://k-a-g.net/?mode=cate&cbid=1846772&csid=0

16012011.jpg

16012012.jpg

16012013.jpg

16012014.jpg

16012015.jpg
 
2016.01.20 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2008-d61cb315