ヒメジョオンの花のネックレス、2016新ロットをリリースしました。春になると、ヒメジョオンの花が咲き始めます。野原や道端でも、この花は咲きます。中にはこれを雑草と呼ぶ人もいますが、そんな区別はどうでもいいのです。この花言葉は、素朴、清楚。国内農場のヒメジョオンをプリザーブドフラワーとし、大きく元気な花の1つ1つを硬質樹脂でパックしました。表面に着色するのでなく、生花の状態で染料を吸い上げる事で染色しています。これにより花の自然な風合いを維持しており、色褪せる事も割れる事もありません。ゆったりとお使い頂ける、スターリングシルバーのミラーボールカットのボールチェーンが付属します。明日には、小手鞠の花の2016新ロットをリリースする予定でいます。

野に咲く花をわざわざ農場で育て、わざわざ染料を吸わせ、薬品処理でプリザーブドフラワーとし、1つ1つの花を摘み取り、軽くドライをした後に樹脂に閉じ込める。こんな全ての作業を国内でやり続ける事が、一体どういう事なのか。リアルローズの蕾も含め、この2016新ロットが最後の製作になるのかもしれません。

knife *acoustic groove* 代官山 WEBストア NECKLACE
http://k-a-g.net/?mode=cate&cbid=1996194&csid=0

16031603.jpg

16031601.jpg

16031602.jpg
 
2016.03.16 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2042-2989710a