旧友でもある美術作家某が、ボクの背中を押してくれた。彼女は、全くそんな事に気付いていないだろうけど。原色の夏、もう少しだけ旅を続けてみようと思った。

16052291.jpg
 
2016.05.22 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2078-0c027e67