knife *acoustic groove* で製作させて頂いた特注マリッジリングと、6年の月日を超えて向かい合った。ピュアな国産地金の18金で本体を製作し、ハンマー打ちで柔らかな波目を入れた。これをやっておくと、経年でリングの表情が豊かになる。プラチナもいいけれど、色彩と共に日々を暮らせる事は美しい。内側の見えない場所には、4つの爪でアメジストを留めた。ゴールドとパープルの組み合わせは、とても上品だった。自分で言うのも何だけど、カッケーと素直に思った。しっかりと、「気」も宿っていた。表面のキズならいつでも消すことは出来るけど、ボクはそのままが良いと思った。だってそれは、今までの「時間」だから。いつもずっと、ありがとうございます。

http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/blog-category-9.html

16110501.jpg

16110503.jpg

16110502.jpg
 
2016.11.05 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2220-18a60242