knife *acoustic groove*から、マッコウクジラのペンダントヘッドD(シャーマンの羽根)を正式リリースしました。ここに辿り着くまでの道のりは、そう簡単なものではありませんでした。やり過ぎ、注意。

長崎県平戸市の鯨骨職人が先祖代々の鯨骨ストックからおおよその形を削り出し、同じく長崎県平戸市の彫刻師が躍動感ある羽根の造形を、いつもの東京熟練が国産地金の銀でペンダントヘッドとして組み立てました。更にこの羽根彫刻は、ネイティヴアメリカンと共にトレーラーハウスで生活を続けた熟練彫金師による「SuperFLY#2」をモデルにしています。このアイテムの製作に際し、1頭のクジラも死んでいません。もはやこの羽根は、アクセサリーやジュエリーの域を大きく超越(もしくは逸脱)しています。世界中のどこを探しても、どんな能書きを並べても、これ以上のモノはありません。

過日、knife *acoustic groove*で製作するマッコウクジラの鯨骨ペンダントヘッドをハワイ先住民のシャーマンに見せたところ、「これをどこで手にいれたのか?骨密度が詰まっていて素晴らしいマッコウだ」と言われたのだそうです。ボクにはシャーマンやユタの様な能力はありませんが、おおよそ皮膚感は間違っていないのだろうと思います。

このマッコウクジラのペンダントヘッドD(シャーマンの羽根)は、2月26日までの期間限定受注製作にて承ります。やさしくなれる、とても穏やかな時間がやって来る。ふぅー。

マッコウクジラのペンダントヘッドD(シャーマンの羽根) ★期間限定受注製作品 ~2月26日(日)まで
http://k-a-g.net/?pid=112750573

17021491.jpg

17021492.jpg

17021493.jpg

17021494.jpg
 
2017.02.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2373-8dde01be