knife *acoustic groove*にて、マッコウクジラのペンダントヘッドAとBの第10回受注をスタートしました。

マッコウは生涯の3分の2を深海で過ごし、一気に2,000mは簡単に潜ります。家族同士の会話には、音を利用していると言われます。ワシントン条約で、今では全てのマッコウクジラの取引が禁止されています。下顎の骨はとても堅く美しく、今では象牙よりも高価なものとなりました。古来、浜に打ち上げられたマッコウは、神からの贈り物として大切にされて来ました。クジラの大きさと知性から、マッコウの骨は母と子の家族愛の象徴とされて来ました。色はクリーム色(金色)で、その堅さから出る自然のツヤがあります。この素材で作られた作品は、工芸品と呼ばれる程に完成されています。本物とは、こういう事です。

昔は捕鯨が盛んであったろう長崎県のある港町に、マッコウクジラの骨のパーツ製作を依頼しています。現在ではこの素材を手に入れる方法はなく、コツコツ集められた貴重な鯨骨ストックを使っています。このアイテムの製作に際し、1頭のクジラも死んでいません。過日、ボクが思い描く「形」を木材で何度も削り出し、もはや存在自体が奇跡であろう鯨骨職人某に届けました。

双方期間限定での受注製作になりますので、是非ご参加下さい。やさしくなれる、とても穏やかな時間がやって来る。マッコウは、神の使いである。

マッコウクジラのペンダントヘッドA ★期間限定受注製作品 ~5月28日(日)まで
http://k-a-g.net/?pid=104100096
マッコウクジラのペンダントヘッドB(マリン仕様) ★期間限定受注製作品 ~5月28日(日)まで
http://k-a-g.net/?pid=104100579

17051202.jpg

17051203.jpg

17051204.jpg
 
2017.05.12 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/2494-05d6e130