FC2ブログ
もう20年近くも作り続けている、四葉のクローバーペンダント。分量のある銀の鋳造(貴金属を溶かして形成する)は、「ス」が出やすいのです。溶けた銀が冷める過程で、不純物や気泡が表面に現れ茶色いムラとなって残ります。世の中的には表面にロジウム等をメッキして誤魔化しますが、それでは「銀」ではなくなってしまいます。この厚みのアイテムを綺麗な銀の鏡面に仕上げる技術(勘?)は、熟練ならではのものです。

四葉のクローバーペンダント
http://k-a-g.net/?pid=83161734

18061201.jpg

18061204.jpg

18061202.jpg

18061203.jpg
 
2018.06.12 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wildflowertokyo.blog137.fc2.com/tb.php/3719-3d59a8d9